加齢臭は何歳から発生するのか?

自分では気がつかない加齢臭。他人は臭いが気になっていても、言いにくい為、なかなか言ってくれません。その為、お風呂に入ってしっかり体を洗っていると言う人も多いかと思いますが、ところが、洗り方次第で臭いが強くなることもあるんだそうです。

NHK BSプレミアム『美と若さの新常識~カラダのヒミツ~』では、汗・代謝の専門家である日本福祉大学准教授 西村直記先生、におい分析のプロの東海大学教授 関根嘉香先生、香りと脳の関係を研究している星薬科大学教授 塩田清二先生を見変えて、加齢臭は何歳くらいから発生しているのか、また体臭が抑えられる体の洗い方などを放送。その内容をまとめました。

ます最初に、なんで自分の臭いは気にならないのか?と言う点です。これは、専門家の話によると、自分の体臭は毎日嗅いでいるので、沈静化が起きてしまっていることが考えられるそうです。

良く言われている加齢臭ですが何歳くらいから発生するんでしょう?
加齢臭の原因となる物質は20代の時にはすでに持っていて、それが年齢と共に変わっていくので、30代になるとすでに加齢臭が発生するそうです。

その匂いと言われているのがミドル脂臭です。使い古した油のような臭いで、30代になると20代の時の臭いとは違う臭いを放ちます。

臭いの臭いの素となるのが皮脂です。皮脂が酸化することで、気になる加齢臭となってしまいます。この皮脂が酸化した成分はペラルゴン酸。

実は、皮脂が酸化してしまう速度は年齢と共に若い頃よりも早くなるそうです。そのため、ペラルゴン酸が多く発生してしまい臭いが気になるようになるのです。

さらに40代になると皮脂の質も変わります。若いことにはなかった成分が増えて、それが酸化する事で加齢臭が発生するそうです。

また、加齢臭と言うと男性だけかとおもわれますが、それは、皮脂が男性の方が多いためで、女性も年齢とともに臭いが変わっていき体臭が臭うようになるそうです。これは、どんな女性でも臭いの質は年齢共に変わってしまうそうです。

臭いのケア《体の洗い方》
皮脂洗いの決め手は6時間後が決めて!

せっかくお風呂に入っても、洗い方によっては早く臭いが出てしまうそうです。

番組では、日本福祉大学准教授 西村直記先生が、40代から50代の男性4人と3日間の実験を行いました。

実験の方法は、体を洗う前に、皮脂の多い首、額、耳に裏、胸、背中の5箇所の皮脂を測定します。

そして、3日間の洗い方を変えて測定します。洗い方は以下の3パターン

  • 1日目は、シャワーだけで体を流します。
  • 2日目は、泡を作って泡洗いを行います。
  • 3日目は、ナイロンタオルを使ってゴシゴシ洗います。

体を洗った後、1時間ごとに先ほどの5箇所の皮脂の測定を繰り返し行っていきます。

実験結果!
体を洗った直後は、ナイロンタオルを使ってゴシゴシ洗いをすると皮脂の量は無いに等しかったのですが、1時間後に測定すると、ナイロンタオルを使ってのゴシゴシ洗いは皮脂が増えていきます。

そして、6時間後の結果は、一番皮脂の量が増えてしまったのがナイロンタオルを使ってのゴシゴシ洗いで、200%以上臭いが出てくるという結果になったのです。

その次がシャワーだけで流す方法で、一番皮脂が抑えられたのが泡を作って泡洗いの方法でした。

この結果から、一番臭いが抑えられるのは、泡を作って泡洗いの方法と言う事になります。ですが、泡を作って洗うのは大変ですよね。そこで、番組でもっと簡単でベストな洗い方を紹介。それは強めのシャワーです!

  • お湯の温度は40℃位、
  • 勢いよく肌の近くから
  • 皮脂の出やすい場所に30秒ほど流していきます。
  •  

これをやることで、泡を作っての泡洗いの方法と同じくらい皮脂が抑えられるそうです。

実は、皮脂は重要な役割を持っています。皮脂がなくなればいいと落とせばいいと落とそうとする行為は間違っているそうです。ゴシゴシ洗うと、肌を守るために、懸命に皮脂細胞は皮脂を分泌してしまうのです。その行為は、紫外線を浴びたのと同じくらい皮脂細胞が傷ついてしまっているそうです。

加齢臭対策は、皮脂を肌に残しながら洗う事が重要なポイントなんです。

皮膚からも食べた物の臭いが出ている
ニンニクやアルコールの臭いは口からからだと思っている人がおおいですが、皮膚からも臭いが出ているそうです。

口からの口臭で時間が経てば消えていきますが、実は皮膚からガスとなって臭いがでているそうで、それが長時間臭いを皮膚からだしているそうです。

お酒の臭いの原因はお酒を分解するときに出来るアセトアルデヒドが臭いの原因。対策はお酒と一緒にシジミ汁を飲むと臭いが軽減されるそうです。シジミに含まれている成分は肝臓に優しい成分がたくさん含まれています。

例えば、オルニチンは肝臓の解毒作用を助ける役割を行います。さらにタウリンが含まれていて、お酒を分解する酵素を助けてくれます。

ニンニクは、牛乳を飲むと皮膚からに臭いが3時間で納まっていたそうです。牛乳には脂質とかタンパク質の小さな粒子にニンニクの臭いがくっついてカラダに吸収されにくくなっているそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です