アディポネクチンが高血圧を予防するメカニズム

アディポネクチンが高血圧の改善や予防に効果があると注目を集めていますが、なぜ高血圧に効果を発揮するのでしょうか?ここでは、アディポネクチンが高血圧を改善するメカニズムについてまとめました。高血圧で悩んでいる人は、アディポネクチンを増やす高血圧対策を試してみてください。

アディポネクチンが血管を拡張して高血圧を改善

アディポネクチンが高血圧を改善するメカニズムを一言で解説すれば血管の拡張さようです。

そもそも高血圧は、血液のめぐりが悪くなることが原因で起こります。

血液には、細胞の新陳代謝に必要な酸素・酵素・ホルモンなど様々な栄養素を

全身の細胞に届ける役目がありますが、なんらかの原因で血流が悪くなると

細胞に栄養素が届かなくなるため心臓が圧力を高めるため血圧が上昇します。

その主な原因が血管にあると言われています。

血管は、ゴムホースのような造りになっていて、柔軟性があり血液が循環しやすく

なっているのですが、動脈硬化により血管がボロボロになってきます。

動脈硬化により血管狭窄が起きると血管が狭くなり血液が流れにくくなります。

また動脈硬化が悪化すれば、動脈瘤ができて血管が詰まってしまいます。

もともと柔軟性があった血管が、古いゴムホースのように破れやすくなります。

このように血液のめぐりが悪くなると高血圧状態が続くという仕組みです。

では何故?アディポネクチンは高血圧改善に役立つのでしょうか?

アディポネクチンには、動脈硬化で傷ついた血管を修復する作用が認められています。

アディポネクチンの分泌が多い健康な人は、血管内に動脈硬化ができても

アディポネクチンが次々と動脈硬化を修復して血管を新鮮な状態に保ちます。

もし、アディポネクチンが無ければ、動脈硬化がどんどん進行してしまう訳です。

アディポネクチンは生活習慣病の救世主

アディポネクチンを増やせば高血圧の原因である血流の改善ができます。

人間が本来持っている自己治癒力により高血圧を改善できると言っても過言ではありません。

しかし、アディポネクチンは内臓脂肪と密接な関係をもっています。

なぜならば、脂肪細胞が分泌するホルモンだからです。

不思議なことに内臓脂肪が増えるとアディおネクチンの分泌は減少します。

つまり生活習慣が乱れるとアディポネクチンの分泌量が減ることが分かっています。

食生活が偏って、高カロリーな食べ物を摂り続ければ、内臓脂肪がついてしまいます。

さらに運動不足では、溜まった内臓脂肪を燃焼することができません。

このような生活習慣の乱れは、生活習慣病になる原因の一つですが、

アディポネクチンの分泌が減るという自己治癒力も失うことになります。

ですから、高血圧を改善するためには、バランスの良い食事を心がけ、カロリーオーバーに

ならない食生活した上で、適度に体を動かすことで適正体重を維持することが前提となります。

適正体重を維持できるとアディポネクチンの分泌量が適正になり

人間が本来持っている自己治癒力を最大限に高めることができるからです。

アディポネクチンの分泌を促進するサプリ

血糖値は炭水化物(糖質)摂取すると血液中にブドウ糖が増えるために上昇します。

するとインスリンが分泌され、血液中の糖を体内に吸収して血糖値を下げています。

食事後は、一時的に血糖値が上昇します。 通常は、食後2時間 もすれば、

血糖値は140未満に低下しますが、血糖値が低下せず高い値が続くと糖尿病を疑います。

血液検査では、空腹時の血糖値を測定しますが、正常値は110以下とされています。

糖尿病と診断されなくても、血糖値が高目と診断された方は、生活習慣の改善指導が行われますが、

この状態で有効なのが、血糖値の上昇を緩やかにするサプリメントです。

これまでは、特定保健用食品に使われている、水溶性食物繊維の難消化性デキストリンや

菊芋に多く含まれ天然のインスリンと言われるイヌリンが人気のサプリメントでした。

これらの成分は、糖の吸収を緩やかにすることで、血糖値の上昇を抑えるタイプのサプリです。

しかし、インスリンの分泌を良くしたり、インスリンの働きを良くする作用はありません。

確かに血糖値を下げることができるかもしれませんが、もし血糖値が高くなる原因が

インスリン抵抗性が原因だった場合は、根本的な解決にならないという弱点がありました。

血糖値が高い人は、食生活の改善や運動不足の解消が大前提となりますが、

本来持っている自己治癒力を高めることが、糖尿病予防の優先事項と言われています。

現段階では、インスリンの働きを良くするのは、アディポネクチンの分泌を増やす以外にありません。

関連情報

高血圧の食事宅配サービスおすすめ減塩食!