美肌維持するなら高価な化粧品を使う前に腸内環境を整える方が大切

キレイなお肌は女性なら誰でも維持したいものです。

その為なら、効果があるなら高価な基礎化粧品でも構わない。と言う女性も多いかと思います。

もちろん化粧品などで外側からケアすることももちろん大事ですが、それだけでは不十分だといいます。

実はお肌は腸と深く関わっており腸内環境によって影響が出てしまうそうです。

例えば、便秘症だと言う人は、いくら高価な化粧品でスキンケアをしていても、お肌のトラブルが改善されないと言う人が多いそうです。

便が排泄できないとと言う事は、カラダの中で要らなくなったゴミのよう老廃物が腸の中に溜まってしまっている状態で

長時間、老廃物が腸内に留まっていると、時間の経過とともに腐敗がはじまり有毒ガスなどの有害物質を発生させてしまいます。

すると、有害物質が血液と一緒にカラダをめぐってしまうのです。

その結果、内蔵器官の働きを低下させたり、毛穴から排出されたりするので、肌荒れを引き起こします。

また、ドロドロに濁った血液になり血液の流れが悪くなりお肌の新陳代謝ターンオーバーが正常に行われないので低下してしまいます。

すると、シミやシワ、など肌老化の要因、ニキビや吹き出物が出来てしまうのです。

便秘を解消するには、善玉菌を優勢にすることが大切です。

人間の腸内には、悪玉菌と善玉菌の両方の菌が存在します。

そのどちらも腸内に存在する事で腸内環境が保たれているのですが、悪玉菌が優勢になると腸内環境が悪くなり便秘がちになってしまいます。

善玉菌を優勢にする必要があるんですが、それに有効だと言われているのが乳酸菌です。

乳酸菌食品の代表と言えばヨーグルトですが、その他にも日本人の伝統発酵食品、漬物、味噌、醤油、納豆などには乳酸菌がたっぷり含まれています。

これらは、植物由来の乳酸菌なのでしっかり腸まで届くとっても優秀なんです。

その他にも、乳酸菌はお肌にも良いと言われていて

美魔女といわれている方が、ヨーグルトパックをしていてブログで紹介しています。

乳酸菌は保湿力が高く美白効果にも期待されているんです。

現在は乳酸菌化粧品が注目されていますよね。

乳酸菌配合と言えばヤクルト化粧品。私も実際に使ってみました。

10年後の美肌維持の為に、乳酸菌を体の内側からと外側からドンドン取り入れていきたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です